唐桃の読んだもの。

読んできた本や漫画を、徒然に紹介していきます。

なろう小説を読みました。

小説家になろう」というサイトがあるのを、ご存知でしょうか。

日本最大級小説投稿サイトで、

作品の中には書籍やアニメになったものも結構あります。

そのうちの一つが、こちら。

 

先日4巻が発売されたところです。

 

1週間に1度、世界のあちこちに扉が現れて

そこは違う世界の食堂につながっている・・・という、

1話完結のオムニバス。

基本的には、食堂に訪れた客が食事をして、もといたところに帰る・・・

というものですが、バリエーションがこんなにあるものか、と驚きます。

おいしくご飯を食べている描写が、とてもいいです。

 

この物語のつくりは、

 「テルマエ・ロマエ」とちょっと似ていると思うのです。

 違う世界と、自分のいる世界を行ったり来たりして

影響されるというところが。

異世界食堂」では料理を、「テルマエ・ロマエ」では浴場を。

自分にとって大事なものを、よりよいものに変化させていきます。

 

 

で、おいしい料理つながりでもう一つ。

辺境の老騎士 1

辺境の老騎士 1

 

彼は知らない。

これがのちに、世界中で語り継がれる冒険の始まりとなることを。

 

老騎士バルド・ローエンの死ぬための道行きが、

死ぬまで生き抜くための旅へと変わっていく。

お家騒動、魔獣との戦い、ほのかな恋愛・・・

旅の中での物語は王道のおもしろさを感じさせてくれますし、

各地の美味が良いアクセントを加えてなります。

ウィジクのあぶりやき、ノゥレのプディング煮、ゆでたてのギー、etc。

その世界の食べ物のおいしさが感じられます。