読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唐桃の読んだもの。

読んできた本や漫画を、徒然に紹介していきます。

ピアノを奏でる本を読みました。

小説を読む、ということは音楽を聞くことに似ているかもしれません。

 ページをめくるたびに言葉のイメージがふくらんでいき、

おもしろい本を読んだなあ、と満足して息をつきます。

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 ある国際ピアノコンクールの参加者と、

その周りの人を語り手として紡がれる「神と遊ぶ」ための物語。

 

建築だったり、美術だったり、何かしらのよさが、

見ただけではわからなくても

説明された文章でわかる、ということがあります。

それは、その文章を書いた人とイメージを共有することだと思います。

ピアノの大会ですから、ここで扱われるのはクラシック、

私の中で確たるイメージのない分野なのですが、

聞いてみたいと思うのは、この小説の中で生まれたイメージが

素敵なものだったからかもしれません。

 

キャラがかわいい、物語が楽しいで読み終わっても

それはそれで楽しいのですが、

関連するものについても、もっと知りたいと思うのは

もっと好きになりたいからなのだと思います。

 

 

ビビビ・ビ・バップ

ビビビ・ビ・バップ

 

こちらの舞台は、21世期末。

音響設計士兼ジャズピアニストの主人公が

依頼された仕事から始まる、世界をゆるがす一大事。

 

ジャズについてはクラシックと同じく、ほとんど知らないのですけど、

くるくると変わる視点についていくのが楽しく、

スウィングとはこういうものなのかと思いました。

 

そして、著者の他の小説を読むとつながるところがたくさんあって

これも一つの変奏曲のように感じられました。

 この本と他の本が、未来と今が、他の場所と混ざり会う楽しさ。

 

 そして、ピアノの漫画といえばこちらも。

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

 

 世界は、音楽に満ちているのだということが

実感できた気がします。