読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唐桃の読んだもの。

読んできた本や漫画を、徒然に紹介していきます。

きのこについての本を読みました。

きのこって、いいですね。

食べておいしいのはもちろん、じっくり見るとフォトジェニックで、

作り物のような感じもします。

 

とくに、スーパーではほとんど見ないようなきのこなら、尚更です。

 

少女系きのこ図鑑

少女系きのこ図鑑

 

 この本は、著者が卒業製作として作ったものがもとになっているそうです。

やわらかな色で描かれたきのこと、そこに寄り添う少女。

少女ときのこ、というか少女がきのこ。

きのこをモデルにした傘やスカートは、実際にあるのではないかと思いました。

 

光るキノコと夜の森

光るキノコと夜の森

 

夜に光る生き物といえば、ホタルがまずあげられますが

光るきのこも、思ったよりたくさんの種類があるものです。

 

ブナの木に群生するツキヨタケ、やんばるのホシノヒカリタケ、

れんこんのような、穴が開いているかたちがおもしろいエナシラッシタケ・・・

でも、写真と実際に見るのでは違いがあるようで・・・

写真が良いほど、実際に目で見たときの光はどのようなものなのだろうと思います。

 

世界の美しいきのこ

世界の美しいきのこ

 

 

世界各国の、きのこのフォトジェニックさを感じられます。

どうしてこんなかたちなのだろう、という不思議さと、

そこはかとない不気味さ。

色で言えば、ベニヒガサの赤、ドクツルタケの白、タマゴタケの黄色。

形で言えば、砂糖菓子のようなシロホウライタケや、ぶわっと傘が広がるハナビラタケ・・・

 

きのこの世界も奥が深い。

いずれ、きのこ狩りにも挑戦してみたいものです。