読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唐桃の読んだもの。

読んできた本や漫画を、徒然に紹介していきます。

鳥についての本を読みました。

北風も冷たくなってきたこのごろ、

もうすぐ2017年になると気づけば

毎度のことながら1年は早いものだと思います。

 

そういえば来年は酉年、今回は鳥についての本を紹介します。

 

太郎さんとカラス

太郎さんとカラス

 

私はときどき、この黒い鳥をじっと見つめる。

いつか、自分の魂を太陽のもとに運びかえしてくれる生きもの。

わが窮極の友である。

 

これは岡本太郎と、しばらく彼の身近にいたカラスの話を

写真と談話でつづった本ですが、

カラスと一緒に写っている写真はなんだかたのしそうで、

個人についてほとんど知らない私でも、

しがらみから解き放たれているような、という言葉は

こういう時に使うのか、と納得しました。

違う生き物であるけれど、だからこそ、どこかで

通じ合っているのではないかと思ってしまうほどです。

 

 

Niwatori―十二支 第十番 酉

Niwatori―十二支 第十番 酉

 

 表紙のような赤いとさかに白い羽のにわとりはもちろん。

羽が黒かったりまだらもようだったり、

目が青かったり赤かったり黄色かったり、

とさかが黒かったりと、

にわとりにも想像以上にいろんな種類がいるようです。

手のひらに収まるひよこは暖かいんだろう、

とさかはコリッとした歯ごたえがありそうだ、

あの鱗のような足や鋭い爪は爬虫類みたいだ、

生き物ってなんて綺麗なんだろう、と思いました。

 

それから土佐の特別天然記念物オナガドリは

尾羽が長く長くたなびいて

 こんな生き物が本当にいることに、不思議な気分になりました。

 

世界の美しい飛んでいる鳥

世界の美しい飛んでいる鳥

 

こちらは世界中から集められた、いろんな鳥の飛ぶ姿が見られます。

ホバリングしているハチドリ、ペンギンが水に飛び込む瞬間、

 孔雀が羽を広げるとき、求愛のダンス等々、

くちばしから羽の先まで、じっくり眺めたい写真集です。