読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唐桃の読んだもの。

読んできた本や漫画を、徒然に紹介していきます。

お酒についての本を読みました。

お酒をおいしく飲める、とは

舌が適度に鈍くなったということかもしれません。

そういえば、カレーも小さいころは甘口ですら十分辛かった。

さんまのワタは苦くて食べられなかった。

昔のことですが。

 

とはいえ、お酒にもいろいろ種類があるのは周知のところ。

バイト先でときどき飲んだときは、

赤ワインは渋くて白ワインはすっぱい、という印象でしたが

それは相性だとしみじみ思いました。

 

今日はお酒の楽しみ方を広げてくれる本を紹介します。

黄金の丘で君と転げまわりたいのだ

黄金の丘で君と転げまわりたいのだ

 

小説家・三浦しをんと出版社の方々が

ワインと食文化の研究者・岡元麻理恵から 

ワインを五感で感じるレッスンを受けて、飲んでは大いに語ります。

 あだ名をつけてみたり、目隠しをして飲んだり、絹のような舌触りを体感するために

実際に絹にさわりながら飲んだり。

味や香りを言葉にしてみることで、感覚が言葉にひっぱられていくことということが

興味深かったです。

専門家になる必要はないけれど、「ちょっとの知識」で楽しめることは

広がるということに、もっといろんなことを体験したいと思いました。

 

キリンビール大学 10周年記念本 ビールでごちそうさま!
 

 春夏秋冬、おいしいビール。

こちらはWeb上の仮想大学「キリンビール大学」から生まれた、

 ビールに合うおつまみのコミックレシピです。

ちょっと難しそうなものもあったけど、おいしいが良し。

 

そして、飲む量も大事ですね・・・!

酔って記憶をなくします (新潮文庫)

酔って記憶をなくします (新潮文庫)

 

こんなにたくさんの、文庫2冊分になるくらいの人が、

お酒に酔っては何かしらやらかしていたことに安心感をおぼえます。