唐桃の読んだもの。

読んできた本や漫画を、徒然に紹介していきます。

建物についての本を読みました。

建売の建物は、その場所や周りに馴染んでみなければ、

なかなか区別がつきにくいことがあります。

何度か同じ住宅街を通って、迷わず目的地につけるようになったら、

そこに目が馴染んだということかもしれません。

今回紹介する本には、その場所にその時間にしかなかった建物が

収録されています。

ひとつひとつに間違えようがないほどの特徴、個性があり、

読み終わった時にはそれまでと違った目になっているはず。

 

印象的なのは、表紙の青。

ブルーシートの青色。

 つまり、そういうものでできた建物についての、

著者の卒業研究として書かれた本です。

0円ハウス

0円ハウス

 

 テントやビニールシート、段ボールなどいろんなもので作られた

路上の家は、ひとつとして同じものがなく

しようと思えば跡形もなくどこかに行ってしまうことができる。

あるいは、どこかにやってしまうことが。

目をそらすのではなく、近づくことで生まれた稀有な本です。

 

また、建物の細かいところを見るならこれ。

トタニズム

トタニズム

 

 屋根や、塀や、車庫や、建物のあちこちに使われているトタンについて。

雨ざらしになって白茶けた、日常の風景として存在するトタンの写真集です。

読んで感じる、この気持ちが侘び寂びなのでしょうか。さびついているだけに。